▲最新版Tierランキングはこちら!

シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki

【シャドウバース攻略】しゅー式『ハイブリッドエルフ』マスターランクで勝率71%(71勝29敗)をたたき出した超強力デッキレシピと攻略ガイド【shadowverse】

この記事をシェアする

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:しゅー式『ハイブリッドエルフ』

%ef%bc%93%e3%81%97%e3%82%85%e3%83%bc%e5%90%9b

みなさんこんにちは!
RGJ所属の「しゅー(@syusyuhehe3)」氏と申します。

今日は、僕の愛用している【ハイブリッドエルフ】について解説します。
ぜひ最後までお付き合いいただけたら、と思います。

しゅー
「しゅ、しゅー、がんばります!」

 

RGJとは

正式名称「Raio Games Japan(@rgj_shadowverse)」という、シャドウバースのアマチュア強豪チーム
メンバー紹介など、詳しくは下記の特集記事をどうぞ!

シャドウバースのアマチュア強豪チーム『RGJ』が誕生!メンバー紹介【shadowverse】


 

しゅー式『ハイブリッドエルフ』のデッキレシピ

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95

ハイブリッドエルフ
▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ウォーターフェアリー 2 ブロンズ
1 ベビーエルフ・メイ 3 ブロンズ
2 フェアリーウィスパラー 3 ブロンズ
2 リノセウス 3 ゴールド
2 エルフの少女・リザ 2 ゴールド
3 エンシェントエルフ 3 レジェンド
4 エルフプリンセスメイジ 2 シルバー
5 クリスタリアプリンセス・ティア 2 レジェンド
6 フェアリービースト 1 シルバー
6 エルフナイト・シンシア 2 ゴールド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 自然の導き 3 ブロンズ
1 フェアリーサークル 3 ブロンズ
2 新たなる運命 3 ゴールド
2 森荒らしへの報い 3 ブロンズ
2 翅の輝き 2 ブロンズ
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
4 冥府への道 3 ゴールド




ハイブリッドエルフとは

冥府エルフとテンポエルフの二つの要素を持つデッキのことを指す。しかし具体的にど のカードが入るとハイブリッドと呼ぶのかについては諸説ある。
今日紹介するデッキは【冥府への道】を3枚投入している為、《エルフナイト・シンシア》搭載型の【冥府エルフ】と思ったほうが理解しやすいだろう。

なぜ《森の意志》ではなく《エルフナイト・シンシア》なのか?

【冥府エルフ】の視点からすると、このカードは《森の意志》との選択となる。最大の違いは、自分が処理するか、相手に処理をさせるか、である。
それぞれのメリット、デメリットを以下に記載しよう!

《森の意志》
森の意志

効果:ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

メリット
・手札の枚数が十分であれば、横に展開した相手対しても有効である(特にミラーに有効)
・スペルなので、EPを確保しなくてよい
デメリット
・最大ダメージが8点のため、状況を選んで使わなくてはならなず、時には運に頼らな
くてはならない。そして遅延カードとしては心もとなく、またコストが5と重くその
ターン自分は他のフォロワーを満足に置くことができない。

《エルフナイト・シンシア》

エルフナイト・シンシア

効果:【進化時】フェアリー2体を出す。自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。

メリット
・基本のステータスが高く、相手が無視できない能力のため処理を強要することができ、
結果的にプレイヤーの体力を守ることができる。
・フェアリーが数体残った状態でプレイできれば、《森の意志》以上の除去力を発揮できる。
・フィニッシャーとなりえる、消耗戦でも役立てる

デメリット
・フォロワーも無く、EPも無い場合は、《森の意志》と同じ役割を期待した場合に大きく劣る

《森の意志》も十分強力なカードではある。しかし、【疾走ビショップ】が多い環境では《エルフナイト・シンシア》を進化して相手フォロワーを除去した上で、返しの相手ターンに残った《エルフナイト・シンシア》にさらにカードを使わせることで有利を得たい。そして何より最大の理由は、《エルフナイト・シンシア》のカードパワーの高さ故、勝ち筋が増えることにある。

デッキ戦略

このデッキの主な勝利プランは、以下の3つ。

《リノセウス》を使ったコンボ
《エンシェントエルフ》《エルフナイト・シンシア》《クリスタリアプリンセス・ティア》による盤面制圧
《冥府への道》の完成!

である。
これらを相手リーダー、相手の場、自身の手札などにより使い分けていく。ダークネス・エボルヴ以降デッキタイプも増えたため、勝利プランをリーダー毎に決めることは難しくなった。

ただし、《クリスタリアプリンセス・ティア》《エルフナイト・シンシア》で押し勝つプランは、全デッキに対して通用するだろう。仮にそのプランで押し勝てず消耗戦になった場合には《冥府への道》が控えているため、安心してフォロワーを相手の盤面への除去札として使うことができるからだ。

%e3%81%97%e3%82%85%e3%83%bc%e3%81%8f%e3%82%93%ef%bc%91

勝率71%。全デッキに5割以上勝てていることから、はっきりと不利のつく相手はいないのではないだろうか。

 

▼マスターランクで100戦した戦績表(71勝29敗)

%e3%81%97%e3%82%85%e3%83%bc%e5%90%9b%e5%8b%9d%e7%8e%87

マリガン

共通

最優先:《フェアリーサークル》《フェアリーウィスパラー》

対エルフ

エルフ
《ウォーターフェアリー》《ベビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》
《エンシェントエルフ》

対ロイヤル

ロイヤル

先攻時のみ:《ウォーターフェアリー》
両方:《ベビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》《エンシェントエルフ》《森荒らしへの報い》

対ウィッチ

ウィッチ
《ウォーターフェアリー》《エルフの少女・リザ》《エンシェントエルフ》

対ドラゴン

ドラゴン
《ウォーターフェアリー》《エルフの少女・リザ》《エンシェントエルフ》

対ネクロマンサー

ネクロ
先攻時のみ:《ウォーターフェアリー》《エンシェントエルフ》
《ベビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》《森荒らしへの報い》

対ヴァンパイア

ヴァンパイア
《エンシェントエルフ》《ウォーターフェアリー》《ベビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》

対ビショップ

ビショップ
《ウォーターフェアリー》《ベビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》《エンシェントエルフ》


これはあくまでも目安であることを忘れてはならない。現在あるデッキタイプの増加により、確実な正解を選択できるとは限らない。
例えば、《ベビーエルフ・メイ》《自然の導き》をセットでミラーやアグロ相手に残したり、コントロール相手に《新たなる運命》のキープ、後攻《エルフプリンセスメイジ》のキープなど選択肢は広い。
基本的には、最優先で《フェアリーサークル》《フェアリーウィスパラー》を探しにいけば問題ない。

また、
《フェアリーサークル》《エンシェントエルフ》
《ウォーターフェアリー》《エルフの少女・リザ》《エンシェントエルフ》
のような強力な動きを覚えることも、マリガンがしやすくなるコツだ!

立ち回り(VS疾走ビショップ)

エルフの立ち回りは、リーダー毎に変化するため一度に紹介することは難しい。
ここでは、現環境で特に遭遇率の高い【疾走ビショップ(エイラビショップ)】に対する立ち回りを紹介したい。

【疾走ビショップ(エイラビショップ)】はデッキタイプが多いためマリガンから難しい。詠唱:聖なる願い》《詠唱:獣姫の呼び声》と出され、3ターン目まで判別がつかないことも多いからだ。
また、【エイラビショップ】に対しては《新たなる運命》のキープが有効であるが、【疾走ビショップ】に対してはそうではない。つまりマリガンは安定択にしなくてはならない。
流行りの【疾走ビショップ】に対しては序盤から展開し、リソースの差でライフを詰め、リノセウスでのリーサルを狙う。

%e3%81%97%e3%82%85%e3%83%bc%e5%90%9b%ef%bc%92
ただし、《詠唱:獣姫の呼び声》の存在から相手の展開が上回ることも多々ある。その場合はビショップのドローソース手段の少なさに付け込み、《クリスタリアプリンセス・ティア》《エルフナイト・シンシア》を利用して消耗戦に持ち込むといいだろう。その際に《天空の守護者・ガルラ》やそれを組み合わせた疾走コンボが脅威となるため、《フェアリービースト》を握ることができれば心強い!

【エイラビショップ】は、いち早く《冥府への道》を発動することができれば特に苦戦する相手ではないが、3ターン目に《エイラの祈祷》を発動され、その後順当にフォロワーを強化されるとさすがに情勢が厳しくなる。その場合は、《リノセウス》も処理に使うなど、相手フォロワーの巨大化を防ぎたい。また《オーディン》等への注意は必要である。

総括

このデッキの弱点はずばり、ハイブリッドがゆえに中途半端なことである。特にそれは「ミラーマッチ」で実感できる。
純正【テンポエルフ】には展開力とその安定性で劣り、純正【冥府エルフ】に対しても冥府の完成に特化させた速度で劣る。そしてメタカードを積むデッキスペースもない...。

2016/10/20現在、《エンジェルバレッジ》をはじめとした対策カード、【エイラビショップ】などのコントロールデッキが増えたことは、【テンポエルフ】にとって逆風となっている。
その結果、コントロールデッキに強い【冥府エルフ】が再び環境に現れたが、《根源への回帰》のナーフは痛手であり、コントロール以外のデッキに対して以前よりも凌ぎきることが難しくなった。

そこで、コントロールデッキにも強く、中盤以降も強いフォロワーを出し続けることで盤面処理に追われなくて済む【ハイブリッドエルフ】は、現在最も柔軟に戦えるエルフデッキ
なのではないだろうか。100戦して71%の勝率は、決して弱いデッキではないことを表しているはずだ。



しゅー式『ハイブリッドエルフ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング
この記事を書いた人
■主な実績 ・第一期マスターランク最高2位、52位フィニッシュ ・JCG OPEN べスト8 ■Twitter https://twitter.com/syusyuhehe3 ■配信コミュニティ ( http://com.nicovideo.jp/community/co3423074)

週間人気記事TOP10

関連記事

【神々の騒嵐】『ウロボロスランプドラゴン』再生の古竜、無限ループの恐怖!

シャドウバースデッキ攻略:ウロボロス『ランプドラゴン』 シャドウバースの第4弾カ ...

『ミッドレンジヴァンパイア(構築:ニエンテ、くびなが)』《血餓の女帝》3枚採用!強さと楽しさを兼ね揃えたデッキ

シャドウバースデッキ攻略:『ミッドレンジヴァンパイア(構築:ニエンテ、くびなが) ...

スノーマン式『力場ドロシーウィッチ』本気を出した雪だるま(動画あり)

シャドウバースデッキ攻略:スノーマン式『力場ドロシーウィッチ』 なんと今回、スノ ...

『ミッドレンジネクロマンサー(構築:も)』マスターランク24連勝!「デスタイラント」採用の真意とは

シャドウバースデッキ攻略:『ミッドレンジネクロ(構築:も)』 今回紹介するのは、 ...

【神々の騒嵐】『アグロ秘術ウィッチ』魔導の巨兵で、対戦相手を粉々に粉砕せよ!(動画あり)

シャドウバースデッキ攻略:『アグロ秘術ウィッチ』 シャドウバースの第4弾カードパ ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki
-, , , , , , , , ,