その他ネクロマンサー

【シャドウバース攻略】アルネイス式『2王ネクロ』ネクロ勝利数ランキング1位!最大11連勝の攻略ガイドとデッキレシピ(インタビューあり)【shadowverse】

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:アルネイス式『2王ネクロ』

マスター直前に11連勝を達成した、『2王ネクロ』を紹介
プロチームUSG所属の「ぜろろ軍曹」氏もイチオシのこのデッキ。強さだけでなく、面白さも抜群だ!

gp9e7xjt
fn81xju3

px7cy_-e

02as0b_y

▲実に1,199勝をネクロで稼ぎ出している。


目次

アルネイス式『2王ネクロ』のデッキレシピ

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%bc%8fw%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%af%e3%83%ad
%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%bc%8fw%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%8a
▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 スカルビースト 3 ブロンズ
2 ユニコーンの踊り手・ユニコ 2 シルバー
2 スパルトイサージェント 3 ブロンズ
2 レッサーマミー 2 ブロンズ
2 ダークコンジュラー 2 ブロンズ
3 ラビットネクロマンサー 3 ブロンズ
3 死を追う者 1 ブロンズ
3 スパルトイソルジャー 2 ブロンズ
3 ボーンキマイラ 1 シルバー
4 悪戯なネクロマンサー 3 シルバー
5 ケルベロス 3 レジェンド
5 ケリドウェン 2 ゴールド
7 蝿の王 2 レジェンド
9 ダークエンジェル・オリヴィエ 1 レジェンド
9 骸の王 2 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
3 腐の嵐 2 ゴールド
4 ファントムハウル 3 ゴールド
6 死の祝福 3 ゴールド




アルネイス式『2王ネクロ』の戦略

アルネイス式『2王ネクロ』は、2人の王を従えたデッキになっている。
まずは第一の王、3匹の強力な絶虫を従える《蝿の王》を紹介しよう。

蝿の王

効果:ファンファーレ と自分のターン開始時、絶速の甲虫、絶死の毒蜂、絶護の魔蠍の中から、ランダムに1体を出す。

進化権を使い切った後の盤面では、除去できなければ毎ターンの開始時に沸いてでる絶虫によって完全に盤面を制圧する。このデッキでは、他のカードとのシナジーは無いが、除去できなければ1枚でゲームを決めるほどのカードパワーを持ったカードだ。余談だが、『進撃のバハムート』内では、この巨大な蝿はベルゼブブファミリア(ペット)であり、下に小さく写っている女性がベルゼブブ...蝿の王(本体)である。

%e8%9d%bf%e3%81%ae%e7%8e%8b

ベルゼブブ

▲ベルゼブブさん

 

二番目の王は、圧倒的存在感を誇る《骸の王》だ。

骸の王

効果:自分の場にカードが4枚あるなら、このフォロワーのコストは0になり、「ファンファーレ 自分の他のカードすべてを破壊する」を持つ。

召喚条件を満たすことで、早い段階で8/8という巨大なステータスを持ったフォロワーを繰り出すことができる。《ファントムハウル》とのコンボから《骸の王》を繰り出すのは有名なコンボだが、このデッキでは更に《悪戯なネクロマンサー》《ボーンキマイラ》《ダークコンジュラー》などと相性が良く、4ターン目に降臨させることを目的としている。

もし破壊されてしまったとしても、《骸の王》は元々のコストが9コストとヘビー級なため、《ケリドウェン》によって再復活させることも可能だ。

ケリドウェン

効果:進化時 このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーと同名のフォロワー1体を場に出す。
(コスト最大のフォロワーが複数あるなら、その中からランダムに1体。)

さらに、このデッキの”女王”とも言える《ダークエンジェル・オリヴィエ》も採用されており、長期戦になった場合の強さを担保しているぞ。

ダークエンジェル・オリヴィエ

効果:ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする。

進化権を新たに獲得することができれば、手札でプレイする機会を逃して本領を発揮することができなかった《悪戯なネクロマンサー》《ケリドウェン》を活躍させることもでき、長期戦を見据えた戦いでは非常に強力なカードとなる。

アルネイス式『2王ネクロ』本人インタビュー

今回、作成者であるアルネイス氏にインタビューをさせていただきました!

―ランクマッチで【2王ネクロ】を選択した理由を教えてください。

アルネイス:基本的にネクロマンサー一本でプレイしていたため、そこを変える気はありませんでした。
元々あった《ファントムハウル》《悪戯なネクロマンサー》に加え、『ダークネス・エボルブ』で《ダークコンジュラー》《ボーンキマイラ》など4ターン目までに《骸の王》を召喚できるパーツが増えた事から、《骸の王》を入れたデッキを作りたいと最初に考えました。《蝿の王》は元々のコンセプトにはなかったのですが、進化権を使い切った後に盤面を決める能力が高い為、結果的に入る事になりました。

上位プレイヤーでも新ネクロデッキ構築に迷走している方も少なくない中、《骸の王》《ケリドウェン》をきちんと活かしていく構築は、なかなか面白いですね。以前はコンセプト枠に過ぎなかった《骸の王》も、一線級で戦えるようになったということでしょう。

 

―最近のランクマッチではあまり見かけない《ケリドウェン》が一際目立つのですが、使用感や採用理由をお聞かせ下さい。

アルネイス:当然の事ながら、一番の目的は《骸の王》の蘇生にあります。《死の舞踏》という優秀な除去が5コストに追加された事もあり、4ターン目までに《骸の王》を召喚できたとしても、返しのターンで除去されてしまう事も少なくないのですが、《ケリドウェン》によって蘇生を行えた場合には、もう相手の除去手段が尽きていることも多く、かなりの試合で勝利に繋がっています。
仮に《骸の王》を召喚できない場合でも、《悪戯なネクロマンサー》を蘇生する事で、4/3という放置しにくいステータスで場に呼び出せる事が多いので、そこまで腐る事はありません。

《ケリドウェン》《骸の王》の除去へのケアカードとしては最適なカードでしょうね。
先攻時に腐ることの多かった《悪戯なネクロマンサー》を活用しやすい、というところにも着目したのは素晴らしいと思います。

 

ー2コストフォロワーを4種類採用している理由は?

アルネイス:《スパルトイサージェント》はいつ出しても腐らないため3枚。他の3種類にはそれぞれの強みがあり、《ダークコンジュラー》は後攻4ターン目でほかの1~2コスと共に進化権を使用しながら出す事で、《骸の王》が召喚しやすくなることから採用しました。また、《ユニコーンの踊り手・ユニコ》はアグロデッキや【疾走ビショップ】に対しての壁役として。《レッサーマミー》は、【超越ウィッチ】に対するダメージソースの確保や、最後の詰めの為に採用しています。

対戦相手に応じて強いカードを臨機応変に対応できるように枚数を散らしているとのことです。環境が1つのデッキに集中しているなら、枚数を偏らせるのもありだと思います。

 

―各リーダーに対する立ち回り、相性を簡単に教えてください。

アルネイス:
VSエルフ
《妖精のいたずら》はほぼ採用されていない物として動きます。《骸の王》を出せた時に返せるカードが少なく、最近ですと《森の意志》くらいでしょう。《骸の王》召喚優先度はかなり高め。ネクロマンスでの《死の祝福》もかなり刺さるので積極的に狙いましょう。

VSロイヤル
《ツバキ》に加え《冷酷なる暗殺者》が入っている場合も多く、《骸の王》を狙う必要性は薄いです。《ファントムハウル》から無理なく出せるなら狙ってみる程度で良いでしょう。

VSウィッチ
【超越ウィッチ】に対しては《ケルベロス》《レッサーマミー》《ファントムハウル》《ラビットネクロマンサー》をマリガンでキープ。《骸の王》も積極的に出しに行って大丈夫です。
もし【秘術ウィッチ】だったら、相性最悪なので諦めてください。

VSドラゴン、ネクロマンサー、ヴァンパイア
普通に《骸の王》を狙っていきましょう!

VSビショップ
相手の事故を祈りつつ、《骸の王》を全力で出して行きましょう。【秘術ウィッチ】よりはかなりマシですが、【疾走ビショップ】、【エイラビショップ】ともに、かなり相性は悪め。
あと、この時は環境にエルフや【アグロヴァンパイア】と多く当たっていたので《腐の嵐》を採用してますが、《消えぬ怨恨》《死の舞踏》など場合によって入れ替えてます。

今の環境はネクロマンサーにとっては結構厳しいですが、全国のネクロ使いの方々、負けずに頑張ってください!

 

アルネイスさん、デッキレシピの提供およびインタビュー、ありがとうございました!



アルネイス式『2王ネクロ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する(アルネイス式『Wキングネクロ』)

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-その他ネクロマンサー
-, , , , , , ,