ミッドレンジネクロ

【シャドウバース攻略】ミル式『ミッドレンジネクロ』コントロールヴァンプで有名な強豪による対エルフ必勝ネクロ!(インタビューあり)【shadowverse】

2016/12/26

シャドバカレンダー
     

シャドウバース攻略:ミル式『ミッドレンジネクロ』

旧環境にて《ビーストドミネーター》採用型の【コントロールヴァンパイア】を披露した、強豪の「ミル (@bbq_mill)」氏。

ミル式

▲ヴァンパイアで13連勝を達成した実績も

 

・関連リンク

【シャドウバース攻略】『ミル式コントロールヴァンパイア』AA3到達!ビーストドミネーター&フリアエ採用 攻略ガイドとデッキレシピ【shadowverse】

 

今回、高めの勝率が出ているという【ミッドレンジネクロ】のデッキレシピを提供してくれたので紹介しよう!



目次

ミル式『ミッドレンジネクロ』のデッキレシピ

%e3%83%9f%e3%83%ab%e5%bc%8f%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%af%e3%83%ad
%e3%83%9f%e3%83%ab%e5%bc%8f%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%8a
▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 ユニコーンの踊り手・ユニコ 3 シルバー
2 スパルトイサージェント 3 ブロンズ
2 スカルウィドウ 3 ブロンズ
3 ラビットネクロマンサー 2 ブロンズ
3 死を追う者 3 ブロンズ
4 悪戯なネクロマンサー 3 シルバー
5 ケルベロス 3 レジェンド
7 蝿の王 2 レジェンド
8 オーディン 1 レジェンド
8 デュエリスト・モルディカイ 2 ゴールド
9 ダークエンジェル・オリヴィエ 1 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 ソウルコンバージョン 3 ブロンズ
3 腐の嵐 3 ゴールド
3 死の一閃 1 ブロンズ
4 ファントムハウル 2 ゴールド
5 死の舞踏 2 ブロンズ
6 死の祝福 3 ゴールド




ミル式『ミッドレンジネクロ』の戦略

ミル式『ミッドレンジネクロ』は、エルフ狩りに特化した構成となっている。
まず、エルフに対して有効な、ネクロマンサー専用の全体除去といえば《腐の嵐》が挙げられる。

腐の嵐

効果:相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
ネクロマンス 6; 1ダメージではなく3ダメージ。

 

エルフに対するメタカードとして有名なニュートラルの《エンジェルバレッジ》とは違い、ネクロマンス効果を発動できれば「全体3ダメージ」に変わるため、エルフやヴァンパイア以外のみならず、ロイヤルに対しても強いカードとなっている。3ダメージになってもコストは3なので、余ったPPで盤面を逆転する事も可能になる。

全体1ダメージが有効なエルフには、《ファントムハウル》も除去札として有効だ。

ファントムハウル

効果:場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 1; ゴースト1体を出す」をくり返す。
(上限は5体)

 

ゴーストは1体ずつ1点を飛ばせるので、横に並んだ《フェアリー》たちを一掃するのにはうってつけのカードと言える。《ケルベロス》も採用されているので、通称『ココミミハウル』の11点コンボもデッキに盛り込まれている。《腐の嵐》《ファントムハウル》のみならず、2/3守護*3の《死の祝福》から《蝿の王》へと繋ぎやすくするため、3コスト帯で《死を追う者》を採用し、ネクロマンスを溜めやすい構成にしてあるのも特徴だ。
《ラビットネクロマンサー》《ケルベロス》《ファントムハウル》《死の舞踏》といった【アグロネクロ】の骨格を踏襲しつつ、《ユニコーン踊り手・ユニコ》を3枚採用してアグロデッキへの耐久力を上げることで、ミッドレンジの強みを活かすことも見据えており、《デュエリスト・モルディカイ》《ダークエンジェル・オリヴィエ》《オーディン》などの活躍の場を増やしていることから、守備範囲の広いデッキであることが伺える。

ミル式『ミッドレンジネクロ』インタビュー

今回、デッキ制作者の「ミル (@bbq_mill)」にインタビューをさせていただきました!

このデッキの各リーダーに対する勝率はいかがでしたか?

ミル氏:エルフが主な狩り対象です。体感ですけどビショップ、ウィッチ以外には勝ち越してて、ウィッチは五分くらいの戦績だと思います。現在環境上位にいるエルフ、ウィッチに対して五分以上に戦えるのは非常に魅力的ですね。やはり、《ケルベロス》+《ファントムハウル》の組み合わせを採用していることが、それらに対する勝率を飛躍的に上げてくれているものだと思われます。

ミミファントムハウルココ

 

《死を追う者》は今まであまり使われてこなかったカードだと思うのですが、採用理由をお聞かせ下さい。

ミル氏:個人的には、ネクロ3コス最強格だと思ってます。2コスにトレードされない点と、それにより先攻・後攻問わず生き残りやすいため「能力」も発動させやすいですし、このカードのおかげで6ターン目の《死の祝福》ネクロマンスがかなり安定するようになりました。

死を追う者

効果:他のフォロワーが進化するたび、自分の墓場を+2する。

ステータスが2/3という2コストに一方を取られない性能かつ、墓地を増やす効果が強力なネクロマンス効果を持ったカードと相性が良いようです。
特に《死の祝福》で盤面を守護で一気に奪う動きは強力ですね。

 

―7コスト以上の大型フォロワーの採用理由と、枚数について教えて下さい。

ミル氏:《デュエリスト・モルディカイ》《根源への回帰》のナーフ+苦手とする【エイラビショップ】に対してリソース勝ちの可能性を与えてくれるため追い風だと感じて2枚採用。【エイラビショップ】はスタッツが勝手に上がるため、【漆黒の法典】による除去もやりにくそうな印象です。《オーディン》の採用理由は、《セラフビショップ》に絶対に勝てなかったのでピン刺し。この枠は3枚目の《蝿の王》でもいいかもです。
《蝿の王》は進化権がなくなった後に強いのと、守護や回復等守りに使える事が多いため《ゴブリンマウントデーモン》を採用していないこのデッキでは必要性を感じて2枚。《ダークエンジェル・オリヴィエ》は、《死を追う者》《悪戯なネクロマンサー》が腐りにくくなるため1枚にしました。結構ドローできるため、重いカードは3枚投入しなくても引ける事が多かったです。

 

なるほど、フィニッシャーごとにそれぞれ採用理由が明確にあるのはさすがといったところですね。
特に、新しく追加された《蝿の王》のカードバリューと盤面制圧力には目を見張るものがあります。一時代を築いていた、【ミットレンジネクロ】の大黒柱である《デュエリスト・モルディカイ》の評価も、直近の環境では見直されてきているようです。ロングゲームを得意としており、《ソウルコンバージョン》《スカルウィドウ》も3枚ずつ採用されているので、キーカードにはアクセスしやすいようですね。

ミルさん、デッキレシピの提供およびインタビュー、ありがとうございました!



ミル式『ミッドレンジネクロ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する(ミル式『ミッドレンジネクロ』)

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

注目リンク

神々の騒嵐
「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-ミッドレンジネクロ
-, , , , , , ,