リセマラランキング

【シャドウバースデッキ攻略】リセマラランキング完全版(02/17更新)【バハムート降臨/Rise of Bahamut】

2017/02/17

     

シャドウバースデッキ攻略:リセマラランキング・バハムート降臨版

シャドバ(Shadowverse)のリセマラランキングを、「S〜B」まで三段階評価。
使用したいリーダー別に、参考デッキ付きで紹介しています。

初心者向けの基準で評価したリストになっているので、始めたばかりの方はぜひ参考にしてみてください!



目次

リセマラランキング:評価S(★★★★★)

一枚で戦局を覆すほどのパワーを持つレジェンドレアカード。大当たりと言っていいだろう。

カード名 クラス 解説
バハムート2
バハムート
ニュートラル

(ROB)

強力なAoEを内蔵した、ROB環境の目玉カード。
PP加速やコスト軽減のあるドラゴンとの相性は抜群。
<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
レヴィオンセイバー・アルベール
レヴィオンセイバー・アルベール
ロイヤル

(ROB)

破格のステータスを持った、ロイヤルの新レジェンド。
エンハンス効果で「2回攻撃」可能に。進化込み10点のダメージを繰り出すことができるぞ!
<代表的なデッキ>
ミッドレンジロイヤル
コントロールロイヤル
次元の魔女・ドロシー
次元の魔女・ドロシー
ウィッチ

(ROB)

最新のTierランキングでも環境トップに君臨している、ドロシーウィッチのキーカード。
レジェンドレアカード最強の呼び声も高い。
<代表的なデッキ>
(テンポ)ドロシーウィッチ
クリスタリアプリンセス・ティア
クリスタリアプリンセス・ティア
エルフ

(DRK)

コンボ効果を発動することでトークン進化の「6/6守護」に化ける。盤面を制圧するのに非常に強力なフォロワーであり、新環境対応版のエルフデッキを組みたいなら、ぜひ手に入れたいフォロワーだ。
<代表的なデッキ>
テンポエルフ
エンシェントエルフ

エンシェントエルフ

エルフ

(STD)

エルフのカードはファンファーレで効果を発動するものが多く、手札に戻す効果はメリットになる。それでいて強力な「守護」を場に出せる為、ゲーム内でも最高峰のシナジーを発揮する。
<代表的なデッキ>
OTKエルフ
冥府エルフ
0332-1.png

ロイヤルセイバー・オーレリア

ロイヤル

(STD)

場に出ている相手フォロワーの数だけ攻撃力が上昇。3体以上になると「相手の能力で選択できなくなる」という特殊能力も発動する。フォロワーを並べてくるデッキタイプに対して強いのはもちろんのこと、「2/6守護」と素のステータスも優秀である。
<代表的なデッキ>
ミッドレンジロイヤル
コントロールロイヤル
0372-1.png

海底都市王・乙姫

ロイヤル

(STD)

ファンファーレで場に最大4体の1/2の乙姫お守り隊を出現させる、単純かつ強力なカード。このゲームの3/4は通常4マナ相当であり、1/2は通常1マナ相当なので、すなわちカード1枚で「8マナ5枚分」のカードと同等のパフォーマンスを果たすことが出来る。
<代表的なデッキ>
ミッドレンジロイヤル
コントロールロイヤル
0143-1.png

マーリン

ウィッチ

(STD)

ファンファーレと進化時に各1枚ずつスペルブーストを持つカードを手札に加えることが可能な、【超越ウィッチ】のキーカード。攻撃時にスペルブーストも出来るので、1枚のカードで莫大なアドバンテージを得ることが出来る。
<代表的なデッキ>
超越ウィッチ
0324-1.png

ダークドラグーン・フォルテ

ドラゴン

(STD)

疾走効果で大ダメージが狙えるだけでなく、覚醒時に「直接攻撃の対象にならない」という非常に攻撃的なカード。体力が低い為、低コストスペルやフォロワーの能力で除去されてしまうのが弱点であるが、《ウルズ》と組み合わせた二回攻撃コンボは、凶悪の一言。
<代表的なデッキ>
疾走ドラゴン
フェイスドラゴン
0305-1-1.png

ケルベロス

ネクロマンサー

(STD)

出した瞬間に加わる、2枚のスペルカードのコストパフォーマンスは抜群であり、「ネクロマンス稼ぎ」にも貢献する。《ファントムハウル》と組み合わせた、脅威の11点バーストダメージはアグロネクロの最強コンボである。
<代表的なデッキ>
アグロネクロ
0356-2.png

クイーンヴァンパイア

ヴァンパイア

(STD)

ファンファーレで1/1の《フォレストバット》を2体出し、場にいる《フォレストバット》全てに守護を付与する、というコントロールヴァンパイアのキーカード。1/1の守護はアグロデッキ相手の守りに使えるのと同時に《クイーンヴァンパイア》本体が攻撃されない為、壁役を作って相手のリーダーを攻めることが出来るという「攻防一体」の能力は魅力的。
<代表的なデッキ>
コントロールヴァンパイア
封じられし熾天使

封じられし熾天使

ビショップ

(DRK)

カウントを計4回進めることで、《栄光のセラフ・ラピス》のラストワード「このゲームに勝利する」を発動し、エクストラウィンを得ることができる。「守護や回復でとにかくリーダーを守り切る」というコンセプトが明確なため、初心者でもデッキを組みやすく、最速9ターン目に勝利することができる究極のアミュレットだ。
<代表的なデッキ>
セラフビショップ




リセマラランキング:評価A(★★★★)

問答無用で強いレジェンドレアカード。当たったカードに合わせて、専用デッキを構築していくといいだろう。

カード名 クラス 解説/収録パック
サハクィエル
サハクィエル
ニュートラル

(ROB)

手札のニュートラルフォロワーを1ターンだけ突進をもたせてノーコストで出せる夢が詰まったカード。
《バハムート》や《ルシフェル》などの大型フォロワーを出して相手のフォロワーを除去してもよし、《ギルガメッシュ》を出して相手リーダーを削ってもよし、様々なシナジーが期待できる。
<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
インペリアルドラグーン
インペリアルドラグーン
ドラゴン

(ROB)

手札を全てを捨て去り、相手リーダーとフォロワー全てに「捨てた枚数分のダメージ」を与えることができる、ど派手な効果を持ったカード。
《竜巫女の儀式》などを採用した【ディスカードドラゴン】の最終兵器として活躍するだろう。
<代表的なデッキ>
ディスカードドラゴン
OTKドラゴン
ネフティス
ネフティス
ネクロマンサー

(ROB)

非常に強力な特殊能力を持ったレジェンドカード。
ラストワード効果を持った最強の不死族、《デュエリスト・モルディカイ》などのカードと非常に相性が良く、専用デッキで活躍が見込まれる。一気に山札の枚数を減らせるので、デッキ圧縮効果も◎。
<代表的なデッキ>
(ネフティス)コントロールネクロ
血餓の女帝
血餓の女帝
ヴァンパイア

(ROB)

全体除去効果とバーン効果を備えた、レジェンドに相応しい性能を持ったカード。
ロイヤルの奥の手《海底都市王・乙姫》の展開をも、1枚で返すことができるフォロワーはなかなか存在しない。
バーンは永続効果のため、全体除去を打たれた後の盤面にこのカードが残っていたら、非常に厄介である。
<代表的なデッキ>
コントロールヴァンパイア
ブラッディ・メアリー

ブラッディメアリー

ヴァンパイア

(DRK)

「自傷ダメージをすべて相手に与える」という、ヴァンパイアクラスの自傷系スペルと相性抜群なカード。
さまざまなコンボで特大ダメージを狙える。ヴァンパイア使いを目指すのであれば、当たったらラッキーなレアカードだ。
<代表的なデッキ>
コントロールヴァンパイア
蝿の王
蝿の王
ネクロマンサー

(DRK)

ルックスは酷いが、ファンファーレ効果に加え、毎ターン強力なフォロワーを産み出すという、カードバリューの極めて高いカードだ。ネクロマンサーの7コストフォロワーである点も◎。ミッドレンジ系のネクロマンサーのフィニッシャーとして大活躍間違いなし!
<代表的なデッキ>
ミッドレンジネクロ
コントロールネクロ
太陽の巫女・パメラ

太陽の巫女・パメラ

ウィッチ

(DRK)

味方フォロワー全体のステータスを2倍にする、夢のような能力(バフ効果)を持ったカード!いかにして盤面にフォロワーを残すかがポイントになってくる。
<代表的なデッキ>
秘術ウィッチ
オーディン

オーディン

ニュートラル

(DRK)

ラストワード効果を発動させない、セラフビショップや冥府エルフの「アミュレット」を除去できるため、希少価値では最高峰。見た目だけでなくエフェクトもカッコいい。
<代表的なデッキ>
コントロールロイヤル
コントロールヴァンパイア
陽光サタンビショップ
ダークエンジェル・オリヴィエ

ダークエンジェル・オリヴィエ

ニュートラル

(DRK)

コストが高くプレイするのは試合の後半になってしまうが、だからこそこの効果がより光ると言える。相手は進化権がなく自分だけ進化権を持っている状態は非常に強力な状態だといえるだろう。コントロール系の遅いデッキ全般に採用する余地があり、PP加速できるドラゴンは特に使い勝手に優れている。
<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
コントロールロイヤル
コントロールヴァンパイア
0382-1.png

ツバキ

ロイヤル

(STD)

暗殺の特殊能力は、決まれば大きなアドバンテージが見込めるだろう。大型フォロワーが多いドラゴンや、コントロール系のデッキに対しては特に有効な一撃を狙いやすい。

直接攻撃やスペル攻撃の対象として選択不能になる「潜伏」も持っている為、次のターンまで生き残る可能性が高いのも魅力的で、4点ダメージを確定させやすい。

<代表的なデッキ>
フェイスロイヤル
ミッドレンジロイヤル
コントロールロイヤル
0394.png

ジルニトラ

ドラゴン

(STD)

ファンファーレと進化時に各1体ずつ5/5のドラゴンを出すことができ、1枚で強力な盤面を作ることが出来る【ランプドラゴン】のキーカード。本体も疾走を持っている為、出したターンに相手のリーダーにダメージを与える事も出来る。

ドラゴンは早いターンからPPを増やす事が出来る特殊クラスなので、早い段階で《ジルニトラ》を出す動きが出来れば、イニシアチブを握るのは容易いだろう。

<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
0414-1-1.png

ファフニール

ドラゴン

(STD)

ファンファーレで場にいるフォロワー全体に2ダメージを与える事が出来るので、ドラゴンの弱点である横に並べられたフォロワーを一掃できる強力なカード。自身のステータスも8/10と非常に高く、自陣のフォロワーにもダメージが入ってしまうデメリットは、素のHPが高めに設定されているドラゴンデッキであれば影響も少ない。

エルフやロイヤルなど、小型フォエオワーを多く並べてくる相手への、カウンターカードとして運用することが多い。

<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
0237-1.png

ムーンアルミラージ

ビショップ

(STD)

「疾走」持ちの3/5で、ターン終了時に体力が全回復するため、進化権を使用せずに盤面を取り返すのには最適なカード。進化を使用する事で体力は7まで上昇する為、相手からしたら半強制的に進化ポイント(EP)を使わされるケースも少なくない。

次のターンまで生き残ることが出来れば活躍は必至。

<代表的なデッキ>
疾走ビショップ
0198-1.png

ガブリエル

ニュートラル

(STD)

ファンファーレで「味方フォロワー1体に+4/3を付与することが出来る」という、スペルカードのような能力を持つレアカード。
中でも、盤面にフォロワーを並べて戦うロイヤルとの相性は抜群で、潜伏や疾走フォロワーとのシナジーによる、突発的なバーストダメージには目を見張るものがある。その特性上、アミュレットから出現するフォロワーとは相性が良い。
<代表的なデッキ>
疾走ビショップ
0218.png

ルシフェル

ニュートラル

(STD)

ターン終了時、リーダーの体力を4回復、進化後であれば相手のリーダーの体力に4ダメージを与える、コントロールデッキのフィニッシャーとして臨機応変に使用されるカード。ROB環境の《サハクィエル》とも相性抜群。
初心者同士の戦いでは、デッキに一枚入っているだけでも十分なほど強い。
<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
0228-1.png

サタン

ニュートラル

(STD)

ファンファーレで、サタン専用の「アポカリプスデッキ」に変えるという、唯一無二の特殊能力を持つ。主にコントロール系のデッキのフィニッシャーとして採用される、究極のカード。
<代表的なデッキ>
陽光サタンビショップ
ランプドラゴン
コントロールヴァンパイア




リセマラランキング:評価B(★★★)

今一歩、環境に適応していないレアカード。特定のデッキでは活躍を見込める。

カード名 クラス 解説/収録パック
狂信の偶像
狂信の偶像
ビショップ

(ROB)

ラストワード効果を持ったカウントダウンアミュレットのサポートとして最高峰のフォロワー。
自身は攻撃されないので自身が実質アミュレットのようなカード。
除去カードで対応されなければ、アミュレットを利用して好き放題できるだろう。
<代表的なデッキ>
セラフビショップ
カウントビショップ
アレキサンダー

アレキサンダー

ロイヤル

(DRK)

進化権を使わずに目前の脅威を排除する点が◎。アレキサンダー特有の能力として、最大14連続攻撃ができるので、”有利トレード”を行いながら、物理的な「全体除去」のような役割を果たすことができるだろう。爽快感の高いフォロワーだ。
<代表的なデッキ>
コントロールロイヤル
竜呼びの笛

竜呼びの笛

ドラゴン

(DRK)

デッキの3コスト以下のカードを、強力かつハイコストパフォーマンスのカードに変身させるアミュレット。2枚目以降の《竜呼びの笛》は、効果によって他のカードに変化するので、基本的に腐ることはない。今一歩研究が足りていない印象も否めない。
<代表的なデッキ>
ランプドラゴン
0341-2.png

フェアリープリンセス

エルフ

(DRK)

ファンファーレで手札上限まで《フェアリー》を加えるカードであるが、エルフには他にも《フェアリー》を加える手段が豊富なため今はこの評価である。薔薇エルフの《フェアリー》獲得に使用したりすることが多い。
<代表的なデッキ>
薔薇エルフ
0381-1-1.png

ローズクイーン

エルフ

(STD)

手札の《フェアリー》を全て《薔薇の一撃》という強力な直接火力カードに変えるカードで、【薔薇エルフ】といったコンセプトデッキのキーカードとなっている。【テンポエルフ】に組み込んだ型も存在する。
<代表的なデッキ>
薔薇エルフ
0243.png

アークサモナー・エラスムス

ウィッチ

(STD)

自分のターン終了時にランダムな相手のフォロワー1体にダメージ、進化時は7ダメージを与えることが出来る大型フォロワー。進化権を使い切った後半でも盤面を取り返すのに強力な効果であるが、現在主流のウイッチのデッキにはコストが重くいため評価が低い。

2Pick(アリーナ)では、最強クラスのおじいちゃんだ。

<代表的なデッキ>
秘術ウィッチ
0253-1.png

ミスリルゴーレム

ウィッチ

(STD)

ファンファーレで、相手フォロワー全体にスペルブーストの値だけのダメージを与える大型フォロワー。

一発逆転の魅力はあるものの、序盤から手札に抱えているのはコストが重く圧し掛かり、後半単体で引くとスペルブースト出来ずに効果が弱くなってしまうのがいまいち噛み合っていない為、この評価。

<代表的なデッキ>
特になし
0395.png

プルート

ネクロマンサー

(STD)

ファンファーレで相手のフォロワーを破壊し、そのステータスを吸収して自身のステータスを上げることが出来る希少性の高いカード。大型フォロワーを倒して自身がフィニッシャーになる動きは非常に心強いのだが、いかんせんコストが重い。
<代表的なデッキ>
ミッドレンジネクロ
コントロールネクロ
0405.png

骸の王

ネクロマンサー
(STD)
自分の場に4枚のカードが存在する時、それらを生贄として全破壊する代わりに、0コストで召還出来るようになる。
4枚でなく5枚ある状態だと、召還するスペースがなくなるので気を付けたい。実はフォロワーだけでなく、アミュレットやゴーストなどのトークンでも生贄対象に出来る。デメリットを最小限に抑えて早い段階で《骸の王》を出すデッキも存在し、《ケリドウェン》などとも相性が良い。
<代表的なデッキ>
アグロネクロ
ミッドレンジネクロ
0276-1.png

ソウルディーラー

ヴァンパイア

(STD)

ファンファーレで自分のリーダーの体力を半分にしてしまう代わり、本体は4コストで「6/4守護」と目を見張るようなステータスを持つ。ヴァンパイアの特徴である復讐状態へ確実に持って行けるのは魅力的ではあるが、その代償の大きさから扱いの難しいカード。
<代表的なデッキ>
疾走ヴァンパイア
0316.png

ビーストドミネーター

ヴァンパイア

(STD)

復讐状態だと5コスト「6/6」という強力なステータスではあるものの、それ以外の場合5コスト「4/6」相当のステータスになってしまうデメリットはある。復讐・進化で「8/8」という超強力なカードなので、次のターンも相手に処理を強制できることから、その評価が見直された。

新カード同コスト枠の《ブラッディ・メアリー》と比較すると見劣りするため、この評価。

<代表的なデッキ>
コントロールヴァンパイア
0287-2-1.png

ジャンヌダルク

ビショップ

(STD)

ファンファーレで敵のフォロワー全てに2ダメージを与え、味方のフォロワーの体力を+2ずつ上げることが出来るカード。コントロールビショップにおける4枚目の《テミスの審判》としての機能を期待して採用される事も多い。カードバリューは高いが、第二弾環境以降はあまり活躍できていない。
<代表的なデッキ>
陽光サタンビショップ
0267.png

スカルフェイン

ビショップ

(STD)

ファンファーレで自分の場のアミュレットをすべて破壊し、「ラストワード」を強制発動させる。面白い効果なのだが、ステータスが非常に低く、コストパフォーマンスが悪いので、評価は低め。
<代表的なデッキ>
カウントビショップ

環境最強デッキ集(Tierランキング)

リセマラで入手したレアカードを採用して構築した、最新環境のトップメタを知りたい方はこちら!

参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
ストラクチャーデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTop20

-リセマラランキング
-, , , , , , ,