Shadowverse(シャドウバース) エルフデッキ ダークネス・エボルヴ 冥府エルフ 冥府デッキシリーズ 攻略ガイド 最強デッキ

【シャドウバース攻略】しゅー式『冥府エルフ』新環境対応!RGJの強豪が考案したデッキレシピと攻略ガイド【shadowverse】

2016/11/22

     

シャドウバース攻略:RGJしゅー式『冥府エルフ』

冥府への道

今回は、シャドウバースの強豪チームRGJのメンバー「しゅー(@syusyuhehe3)」氏が考案した新環境対応版『冥府エルフ』のレシピと、攻略ガイドを公開させていただきたいと思います!

しゅー氏は、アリサ使いではなくセルウィン使いを自負しており、前シーズンには【冥府エルフ】を使用してマスターポイント2位に到達したこともある猛者です。

s__34316296


目次

RGJ式『冥府エルフ』のデッキレシピ

rgj%e3%81%97%e3%82%85%e3%83%bc%e5%bc%8f%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95
%e3%81%97%e3%82%85%e3%83%bc%e5%bc%8f%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%9e%e3%83%8a
デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ベビーエルフ・メイ 3 ブロンズ
2 フェアリーウィスパラー 3 ブロンズ
2 リノセウス 3 ゴールド
3 エンシェントエルフ 3 レジェンド
4 エルフプリンセスメイジ 3 シルバー
5 クリスタリアプリンセスティア 2 レジェンド
6 フェアリービースト 2 シルバー
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 自然の導き 3 ブロンズ
1 フェアリーサークル 3 ブロンズ
2 新たなる運命 3 ゴールド
2 森荒らしへの報い 3 ブロンズ
2 妖精のいたずら 1 ブロンズ
2 翅の輝き 2 ブロンズ
3 エンジェルバレッジ 1 シルバー
5 森の意志 2 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
4 冥府への道 3 ゴールド




RGJしゅー式『冥府エルフ』の戦略

アップデート後の【冥府エルフ】は、最強AoEと揶揄されていた《根源への回帰》を弱体化されたことにより、一時的に勢力半減。
新しいデッキタイプの【テンポエルフ】にその座を奪われつつあった。しかしリリースから1週間が経過したことで、【冥府エルフ】の可能性の研究が再度進行。

超強力ドローソースの《翅の輝き》と、驚異的な盤面制圧力を持つ《クリスタリアプリンセス・ティア》を新たに採用することで、最凶デッキとして舞い戻ってきた。

 

まずは、2コストで猛威を奮っていた「ナーフ前《収穫祭》」以上に使い勝手が良いとされる、《翅の輝き》について解説していこう。

翅の輝き

効果:カードを1枚引く。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、1枚ではなく2枚引く。

《翅の輝き》が追加されたことにより、山札を掘り進め易くなり、《冥府への道》発動へのキーカードである《新たなる運命》にアクセスしやすくなった。単純に発動条件を満たせば、手札の枚数が増え、《新たなる運命》のドロー枚数も増えるので相性が良い。

さらにこのカードが強いのは、2コストという部分にあり、中盤以降の余剰コストで使用することができるという点にある。エルフは序盤の盤面取りが非常に強いので、中盤以降このカードにコストを割くことができるのだ。

 

《翅の輝き》《収穫祭》より強いとされている理由は、ドローに即時性があり、引いたカードをターン中にすぐ使える点と、盤面を埋めないのでフォロワーの展開の邪魔にならない点だ。

ドローしたカードをそのまま使えるということは、このカードを使用してから《新たなる運命》につなげたり、引いた守護を出したり、《リノセウス》でリーサル、など勝負に直結することもあるのはターン終了時に効果が発動するの《収穫祭》より優れている。

エルフを使うにあたり盤面を埋めないというのは重要で、《フェアリー》などの展開数を増やせるので、《リノセウス》のバーストダメージを大きくしたり、《エンシェントエルフ》のステータスの底上げに関しては《翅の輝き》の方が、より優れていると言える。最悪、効果を発動せずに1枚ドローで使える点も評価ポイントである。

 

次に紹介するのは、《クリスタリアプリンセス・ティア》だ。

クリスタリアプリンセス・ティア

効果:ファンファーレ クリスタリア・イヴ1体を出す。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのクリスタリア・イヴは進化して、守護 を持つ。

単純に《クリスタリアプリンセス・ティア》《クリスタリア・イヴ》のステータスの合計は5/5で基準ステータスを満たしているが、効果で更に《クリスタリア・イヴ》を6/6の守護フォロワーに変貌させることができるのは、尋常じゃないコストパワーマンスを誇っているといえる。6/6守護となった《クリスタリア・イヴ》はその場で勝手に進化するため、「突進」持ちのようなもの。トレードを行いたい場面での盤面制圧にはもってこいだ。

特に、後攻時の4ターン目に《エルフプリンセスメイジ》を進化させて、0コスト《フェアリー》を手札に加えてからの5ターン目に、《フェアリー》×2からの《クリスタルプリンセス・ティア》で盤面を奪う動きは、エルフデッキの最強ムーブといっても過言ではない。《自然の導き》を使って《クリスタルプリンセス・ティア》本体を回収して、次のターンにもう一度6/6守護の《クリスタリア・イヴ》を発動する動きも非常に強力だ。新環境に移行した結果、このように盤面を制圧して勝利する【テンポエルフ】で強かったプランが、今までの【冥府エルフ】の勝利プランより格段に増えた。

 

このデッキには、《根源への回帰》の穴を埋める全体除去として、《森の意志》も追加されている。

森の意志

効果:ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

手札上限が9枚になり、《翅の輝き》も追加され、相対的に見て《森の意志》は強化されたカードだろう。大型フォロワーを倒すもよし、展開された小型フォロワーを除去するもよしで使い方は様々だ。

特にエルフミラーでは全体除去として《エンジェルバレッジ》同様活躍するカードだ。《エンジェルバレッジ》の採用枚数が1枚で《森の意志》が2枚のなのは、より広い範囲を見れる《森の意志》のほうが汎用性が高いからだろう。

RGJしゅー式『冥府エルフ』の総括

シャドウバースも新環境に入り、現段階での【冥府エルフ】の雛形となるレシピであると思われる。

まず、エルフ自体に先行での最強ムーブとして、3ターン目に4/5《エンシェントエルフ》をプレイする動きが存在したが、後攻でも4ターン目《エルフプリンセスメイジ》進化からの5ターン目《クリスタリアプリンセス・ティア》という最強ムーブが新たに追加されて、先攻・後攻問わずに隙がなくなったと言えよう。

ただでさえ環境を席巻していたエルフが超強化され、【テンポエルフ】という新しいアーキタイプまで作られた環境では、【冥府エルフ】では、エルフミラー対策などで《エンジェルバレッジ》《森の意志》が採用されるようになった。【超越ウィッチ】などは相性的には厳しいが、このデッキに採用されていない《エルフの少女・リザ》といったダメージスペルや、フォロワー効果からダメージを守るカードも追加されてるため、環境次第では採用選択肢として抑えておきたい。

 

【冥府エルフ】の勝利パターンである

①冥府ルート

②リノルート

③盤面制圧ルート

と元々存在した勝利プランが、すべて強化されたのもポイントだ!
ダークネス・エボルヴ環境は始まったばかりだが、前環境の王者として君臨していた【冥府エルフ】が、これからどんな形で変貌を遂げていくのか楽しみである。

RGJしゅーさん、デッキレシピの提供ありがとうございました!



しゅー式『冥府エルフ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する(RGJしゅー式『冥府エルフ』)

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

シャドバクイズ過去問一覧

みんなの解答用紙も参考にして、いざという時の「判断力」を鍛えよう!

▶シャドバクイズ『最善手』を探せ!問題集

ダークネス・エボルヴ総力特集

▶新カード全109種類の評価一覧

▶『リセマラランキング』完全版

▶新環境最強デッキ(Tierランキング)

リーダー別『GameAI』攻略ガイド

リーダー別の攻略ガイドはこちら!当サイトで過去に掲載した、全国ランカーのデッキレシピを網羅。

▶エルフデッキ一覧

▶ロイヤルデッキ一覧

▶ウィッチデッキ一覧

▶ドラゴンデッキ一覧

▶ネクロマンサーデッキ一覧

▶ヴァンパイアデッキ一覧

▶ビショップデッキ一覧

アリーナ(2Pick)攻略ガイド一覧

アリーナプロ監修!全カードの評価点はこちら

▶アリーナ(2Pick)攻略:最優先でピックすべきカード(評価点一覧表)

 





人気記事ランキングTop20

-Shadowverse(シャドウバース), エルフデッキ, ダークネス・エボルヴ, 冥府エルフ, 冥府デッキシリーズ, 攻略ガイド, 最強デッキ
-, , , ,