Tierランキング

【シャドウバース】環境最強デッキ集(Tierランキング)最新メタレポート分析【バハムート降臨/Rise of Bahamut】

2017/02/21

     

シャドウバースデッキ攻略:環境最強デッキ集(Tierランキング)最新メタレポート分析

シャドバの新カードを採用した、環境最強デッキの「Tierランキング」です。

戦績記録ツールにおける、週間数十万試合という膨大なデータを参照しつつ、マスターランク帯を中心に独自のリサーチを元に、デッキの「流行度」と「強さ」合わせた評価となっております。

ランキング2

Tier1 現環境トップクラスのデッキ

極めて高い完成度とデッキパワーが特徴で、人気もずば抜けている。
その分、警戒されてメタ対策されたり、デッキの内容を読まれやすい、というデメリットも。

Tier2 準トップクラスのデッキ

Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持っているが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。
環境の推移によって、Tier1、Tier3のデッキと頻繁に入れ替わることになる。

Tier3 中堅デッキ

Tier1、Tier2のデッキと比較するとデッキパワーは劣るが、十分なポテンシャルを持つ。
流行度によっては、環境上位に喰い込むことも。

Tier4 発展途上のデッキ

まだ強い構築が確立されてないものの、一定の勢力が存在するデッキ。
完成度が高まってきたり、アップデートによる環境変化があれば下克上のチャンスはある。


Tier1

(OTK)コンボエルフ
(テンポ)ドロシーウィッチ
超越ウィッチ
(疾走)ランプドラゴン  

Tier2

テンポエルフ
アグロロイヤル
ミッドレンジロイヤル
コントロールロイヤル
アグロネクロ  
(ネフティス)コントロールネクロ
アグロヴァンパイア
セラフビショップ
陽光サタンビショップ

Tier3

冥府エルフ
(コンシード)秘術ウィッチ  
コントロールヴァンパイア
エイラビショップ  
疾走ビショップ

Tier4

白狼エルフ
フェイスドラゴン
OTKドラゴン
ディスカードドラゴン

デッキ解説:Tier1

(OTK)コンボエルフ

*便宜上、【コンボエルフ】【OTKエルフ】【アグロエルフ】は、同項目にまとめてます。

評価:★★★★★
主な新カード:《エルフの王子・レオネル》 《ミニゴブリンメイジ》 《歴戦の傭兵・フィーナ》

解説:2コストフォロワーを絞り、《ミニゴブリンメイジ》の効果で《リノセウス》を確定サーチ状態に。複数枚の《リノセウス》を使い回すことによって、相手リーダーの体力を削りきることをコンセプトに置いた、アグロタイプのデッキ。
今までのエルフデッキに比べ、《リノセウス》での打点の取り方、使い方、フォロワーの展開が非常に重要になってくるため、プレイング難易度は比較的高め。デッキ使用率、全体勝率の高さだけでなく、現MPランキング上位のトップランカーもこぞって使用していることから、ROB環境におけるTier1相当のデッキであるという結論に。今後も目が離せない。

参考動画(OTKコンボエルフ)

(テンポ)ドロシーウィッチ

*便宜上、【テンポウィッチ】【ドロシーウィッチ】は、同項目にまとめています。

評価:★★★★★
主な新カード:《次元の魔女・ドロシー》 《ゲイザー》 《神秘の探求者・クラーク》

スペルブーストフォロワーをコンセプトにした新アーキタイプ。非常に高い可能性を秘めている。
特に《次元の魔女・ドロシー》のスペルブースト連鎖のパワーが別次元の強さを発揮しており、【テンポウィッチ】の物珍しさも相まって使用者が激増!バハムート降臨環境最初期の”最大勢力”といっても過言ではないだろう。

参考動画(テンポドロシーウィッチ)

超越ウィッチ

*便宜上、【超越ウィッチ】【ドロシー超越ウィッチ】は、同項目にまとめてます。

評価:★★★★☆
主な新カード:《ゲイザー》 《次元の魔女・ドロシー》

ドロシーウィッチやOTKエルフと比較すると一枚劣るが、ROB環境でも3〜4番手となる一定の勢力を維持し続けている。

《ゲイザー》の追加により、盤面でより戦えるように。手札次第では、スペルブースト回数が減っても勝ち筋が増えるパターンを見いだせるなど、先代「超越」以上の択の太さが大きな武器に。さらに、《次元の魔女・ドロシー》を使用したハイブリッド構成の【ドロシー超越】なども出現。さまざまな可能性を見せ付けている。

参考動画(超越ウィッチ)

(疾走)ランプドラゴン

*便宜上、【ランプドラゴン】【疾走ドラゴン】は、同項目にまとめてます。

評価:★★★★
主な新カード:《バハムート》 《サハクィエル》 《竜の闘気》

第三弾の目玉カードである《バハムート》はもちろん、《サハクィエル》を使った攻防一体のサハルシコンボを搭載したことで、第一弾のスタンダード環境を彷彿とさせるような全盛期のデッキパワーを取り戻したため、この位置。デッキの性質上、ドロシーウィッチやOTKエルフと比較すると「安定性で劣る」点には注意が必要。勢力拡大の理由として、ドロシーウィッチ対策になる理由も大きく、BO3大会を中心に使用率が急増中。
最強の「召喚獣」を駆使して、完全制圧を目指すべし。

デッキ解説:Tier2

テンポエルフ

評価:★★★★
主な新カード:《エルフの王子・レオネル》 《ミニゴブリンメイジ》 《歴戦の傭兵・フィーナ》

『ダークネス・エボルヴ』環境では猛威を振るった盤面の覇者。
新カードでは2コストサーチの《ミニゴブリンメイジ》《歴戦の傭兵・フィーナ》が採用され《リノセウス》へのアクセス率がUP。《風神》《エルフナイト・シンシア》といった、展開力を活かせる超強力カードとのシナジーも健在だ。
速さを追求した【アグロエルフ】が主流になった現環境では若干下火となっていたが、大会で結果を残すプレイヤーの出現を契機に研究が進んだことで、ジワジワと盛り返してきている。

アグロロイヤル

評価:★★★★

現環境に最も適応したロイヤルのデッキと言えるだろう。全体勝率も安定して高い数値が出ており、当面は勢力が衰えないものと思われる。
横展開とバフを活かして、短期決戦を目指した速攻デッキ。他のアグロデッキとは違い、大きなバーストダメージを出すのは苦手としているが、疾走フォロワーが大量に採用されているのでコンスタントに打点を積み重ねていくことができる。
第二弾環境まではマスト採用されていた《フローラルフェンサー》ですら不採用のレシピも出始め、研究が進んでいる。

ミッドレンジロイヤル

評価:★★★☆
主な新カード:《レヴィオンセイバー・アルベール》 《サムライ》 《白銀の騎士・エミリア》

ROB環境では先に展開してくるデッキが増え、巻き返す手段に乏しいのが玉に瑕ではあるものの、フィニッシャーとして《レヴィオンセイバー・アルベール》によるバーストダメージを手に入れた王道デッキ【ミッドレンジロイヤル】。
《海底都市王・乙姫》のカウンターカードが大量追加されたこともあり、現環境ではやや燻っている。

コントロールロイヤル

評価:★★★☆
主な新カード:《ファングスレイヤー》 《レヴィオンセイバー・アルベール》 《ブリッツランサー》

カードバリューの高いものが多く採用されており、相手のリソース切れを狙っていく持久戦を想定したデッキ。《ファングスレイヤー》《ブリッツランサー》のような、場に出したターンに相手の盤面に干渉できるカードが増えたため、よりコントロールデッキらしく正統進化。
特殊勝利系のデッキには滅法弱いものの、フォロワー同士のぶつかり合いを想定したデッキでは無類の強さを誇る!

アグロネクロ

評価:★★★★
主な新カード:《シャドウリーパー》 《闇の従者》 《ネクロアサシン》

ネクロ全盛時代のSTD環境中期には「環境トップ」として一時代を築くなど、相手に処理を押し付けることに定評のあるデッキ。中でも伝家の宝刀ミミココハウル11点バーストは未だに強力だ。ROB環境で追加された新カードを携え、息つく間も与えぬほどの”波状攻撃”に磨きがかかった。ネクロのカリスマ、fririn氏がデッキ公開したこともあり、勢力急拡大中の注目デッキ。

高い平均勝率も叩き出しており、Tier2デッキの中では、最もTier1に近い位置にいると言える。

参考動画(アグロネクロ)

(ラストワード)コントロールネクロ

*便宜上、【ミッドレンジネクロ】【コントロールネクロ】【ラストワードネクロ】【ネフティスネクロ】は、同項目にまとめています。

評価:★★★☆
主な新カード:《ネフティス》 《覇食帝・カイザ》 《バロール》 《冥府の戦士・カムラ》 《闇の従者》

解説:バハムート降臨で、強力な【ラストワード】効果を持つ新カードが多数追加されただけでなく、期待度の高いレジェンドレアカード、《ネフティス》が加わったことにより、デッキ構築の幅が一気に拡大した。

参考動画(2678型ネフティスネクロ)

アグロヴァンパイア

評価:★★★★
主な新カード:《吸血貴・ヴァイト》 《レヴィオンデューク・ユリウス》

第2弾環境では、「花京院ドル明式」がマスターランク27連勝して大流行するなど、環境を一時席巻した【アグロヴァンパイア】。最新の第3弾環境では、さらなる強化でバーンデッキの最高峰と言われており、評判が良いことから使用率も急増。同じく一斉強化されたコントロール系デッキに淘汰されるのか、それともアグロデッキの急先鋒として生き残るのか。要注目だ。

参考動画(アグロヴァンプ)

セラフビショップ

評価:★★★★
主な新カード:《狂信の偶像》 《マスターレディセージ》 《神魔裁判所》

解説:《狂神の偶像》により、格段に使用感の増したカウントダウンアミュレットを大量投入したセラフビショップ。《神魔裁判所》も除去カードとして優秀で、カウントの調整も、このデッキであれば容易である。環境上位の超越ウィッチに比べ、アグロデッキに対して強さを発揮しやすく、対策すべきデッキが増えた今が旬か。

陽光サタンビショップ

評価:★★★★

往年の強デッキが蘇る。
《守護の陽光》の防衛力を巧みに利用し、大量の守護固めで、相手のリソースを枯らし、《サタン》アポカリプスデッキで粘り勝つことを得意とした持久型デッキ。
スタンダードカードパック環境から存在するデッキだが、【超越ウィッチ】【冥府エルフ】【セラフビショップ】のような、エクストラウィンを目指すコントロール系の特殊デッキに対して極端に弱く、第二弾DRK環境では影を潜めていた。
第三弾ROB環境では、ドロシーウィッチを中心に速攻系のデッキが主流となったため、”エクストラ御三家”が衰退してきた今、再び注目の的に。

デッキ解説:Tier3

冥府エルフ

評価:★★★☆

主な新カード:特になし

新環境に突入したことで、DRK環境から変化に乏しい【冥府エルフ】の使用率が激減したためこの位置に。ただし、流行から逸れただけでデッキパワー自体は高い。特殊勝利系を除くコントロールデッキに対して滅法強い上、アグロデッキに対しても強い札が多数存在するため、環境が一巡すれば、再び研究が進むかも知れない。

 秘術(コンシード)ウィッチ

評価:★★★☆
主な新カード:《禁忌の研究者》《エラスムスの秘儀》《ドワーフアルケミスト》

解説:ビートダウンデッキキラーとして特化した、新しいタイプの【秘術ウィッチ】。
ひたすら守護や除去により守り切って、相手のリソースを枯らすことをコンセプトに置いている。2コストの《ドワーフアルケミスト》で手札に土の印を供給しやすくなり、フィニッシャーとしては大量の《ゾンビ》を生み出しつつ除去効果も備えた《禁忌の研究者》が新しく採用されよりリソース勝負に強くなった。
バイオハザードさながらの大量の《ゾンビ》を操り、相手を絶望の淵へと追い込もう!

参考動画(秘術ウィッチ)

コントロールヴァンパイア

評価:★★★☆
主な新カード:《血餓の女帝》 《サディスティックナイト》 《吸血貴・ヴァイト》

解説:《血餓の女帝》を中心に構築された、第3世代『コントロールヴァンパイア』。ドレインなど回復が中心の構成となっているのがミッドレンジヴァンプとの違いである。ミッドレンジロイヤルやテンポエルフなどへの解答を見ており、中・長期戦で本領発揮しやすい構成となっている。全体除去に弱い【テンポウィッチ】への解答になりうるデッキの一つとして注目だ。

疾走ビショップ

評価:★★★☆
主な新カード:《熟逹の調教師》 《ヴァルハラジェネラル》 《煌翼の戦士・リノ》

『ダークネス・エボルヴ』環境の象徴的存在。《熟達の調教師》の登場による、一斉展開の最強ムーブのパターン増加により、《天空の守護神・ガルラ》の領域が拡大。 一斉展開を得意とする動きはテンポウィッチと近い側面もあるが、あちらの方が展開スピードで優っているため、現在はこの位置に落ち着いている。テンポウィッチと比較して、デッキタイプが読まれにくいというのは◎。

エイラビショップ

評価:★★★☆
主な新カード:《ウリエル》 《フロッグクレリック》 《熟逹の調教師》

解説:前環境で猛威を振るったアグロキラーの筆頭候補として挙げられるデッキ。新カードの《ウリエル》により、戦術のコアカードとなる《エイラの祈祷》への確実なアクセスを実現したのは非常に大きい変化と言える。新環境でもアグロデッキキラーとしても優秀であるため、第三弾の最大勢力【テンポウィッチ】に対する、はたして模範解答となり得るか。

デッキ解説:Tier4

白狼エルフ

評価:★★★
主な新カード:《古き森の白狼》

解説:《古き森の白狼》の能力で、0コストの《白銀の矢》をサーチすることにより、ワンターンキルコンボを狙ったデッキ。《白銀の矢》2連打の最大18点バーストや、《リノセウス》を絡めた20点以上のバーストコンボは、最高クラスの破壊力を持つ。コントロールデッキが増えてくれば、よりバーストプランが成功しやすくなるため、【冥府エルフ】同様、今後の環境変化次第で評価が大幅に変わるデッキである。

フェイスドラゴン

評価:★★★
主な新カード:《ワイバーンライダー・エイファ》 《グリフォンナイト》

解説:直接攻撃不可のカードをふんだんに盛り込み、とにかく相手のリーダーを攻め、体力を削りきることを目的としたアグロデッキ。
特に注目は、新カードの《ワイバーンライダー・エイファ》。序盤は《トリニティドラゴン》同様の役割を果たし、終盤はエンハンス効果により、《ダークドラグーン・フォルテ》同様の疾走要員として活躍可能。ディスカードドラゴンのギミックを合わせた、ディスカードフェイスドラゴンという型も研究され始めている。

参考動画(フェイスドラゴン)

OTKドラゴン

評価:★★★
主な新カード:《ミニゴブリンメイジ》《歴戦の傭兵・フィーナ》《覇食帝・カイザ》

複数枚の《荒牙の竜少女》を手札に集め、《新たなる運命》を連鎖させてOTK(ワンターンキル)を狙う一風変わったコントロールデッキ。
2コストフォロワーを絞ることで、《荒牙の竜少女》《ミニゴブリンメイジ》確定サーチすることができる。

参考動画(OTKドラゴン)

ディスカードドラゴン

評価:★★★
主な新カード:《インペリアルドラグーン》 《輝石のドラゴン》 《ウリエル》

解説:手札を捨てることで発動する特殊カードの効果を利用して戦う、ドラゴン第二のコンセプトデッキ。《ウリエル》の能力より、手札の枚数を維持する《竜巫女の儀式》にアクセスしやすくなったことから大幅強化!
《煌牙の戦士・キット》《グリフォンナイト》の追加で、盤面のテンポロスもしにくくなった。切り札として追加された《インペリアルドラグーン》《竜巫女の儀式》の爆撃コンボは、ドラゴン版の《冥府への道》そのものであり、さらに洗練したデッキを使いこなすことさえできれば、高い可能性を秘めている。

参考動画(ディスカードドラゴン)




2月13日〜2月19日の統計データ(マスター帯)

参考データ:シャドログ(週間136,248試合)
*おすすめ戦績記録ツール

使用デッキタイプ 使用数 勝利数 勝率 先攻勝率 後攻勝率
ドロシーテンポウィッチ 25387 13550 53.4% 47.6% 59.3%
(OTK)コンボエルフ 20996 11719 55.8% 53.1% 58.5%
ランプドラゴン 12163 5392 44.3% 41.2% 47.3%
超越ウィッチ 10409 4778 45.9% 42.8% 49%
コントロールロイヤル 7662 3785 49.4% 44.7% 53.9%
アグロネクロ 4970 2490 50.1% 51.9% 48.3%
ラストワードネクロ 4843 2415 49.9% 48% 51.8%
アグロヴァンパイア 4746 2359 49.7% 53.7% 45.8%
陽光ビショップ 3376 1524 45.1% 40.2% 49.8%
ミッド(テンポ)エルフ 3331 1914 57.5% 52% 63%
セラフビショップ 3229 1578 48.9% 47% 50.7%
ミッドレンジロイヤル 3100 1633 52.7% 49% 56.3%
コントロールヴァンプ 2709 1075 39.7% 36.6% 42.9%
秘術ウィッチ 2642 1122 42.5% 35.8% 48.5%
コントロールネクロ 2352 1144 48.6% 45.3% 51.7%
疾走ビショップ 2019 970 48% 46.3% 49.7%

2月6日〜2月13日の統計データ(マスター帯)

参考データ:シャドログ(週間157,892試合)
*おすすめ戦績記録ツール

使用デッキタイプ 使用数 勝利数 勝率 先攻勝率 後攻勝率
ドロシーテンポウィッチ 31667 16595 52.4% 45.5% 59.3%
(OTK)コンボエルフ 25071 13837 55.2% 51.8% 58.6%
ランプドラゴン 13142 5973 45.4% 41.6% 49.1%
超越ウィッチ 11549 5387 46.6% 44% 49.2%
コントロールロイヤル 7849 3993 50.9% 45.1% 56.3%
アグロヴァンパイア 5895 2887 49% 52.6% 45.2%
アグロネクロ 5618 2772 49.3% 52% 46.6%
陽光ビショップ 5235 2464 47.1% 41.1% 53.2%
コントロールヴァンプ 4088 1777 43.5% 38.1% 48.8%
セラフビショップ 3769 1812 48.1% 45.2% 50.9%
ラストワードネクロ 3594 1729 48.1% 45.8% 50.3%
秘術ウィッチ 3468 1571 45.3% 38.1% 52.3%
ミッドレンジロイヤル 2886 1411 48.9% 44.6% 53.2%
ミッド(テンポ)エルフ 2706 1533 56.7% 51.3% 62.3%
アグロロイヤル 2351 1203 51.2% 51.9% 50.4%
アグロウィッチ 1995 1143 57.3% 53.2% 61.6%
ウィッチ全般 1941 903 46.5% 41.7% 51.5%
疾走ビショップ 1859 892 48% 43.6% 52.2%
疾走ランプドラゴン 1855 1036 55.8% 56.8% 54.9%
エルフ全般 1767 863 48.8% 44.7% 52.6%
コントロールネクロ 1556 693 44.5% 40% 49.2%
白銀エルフ 1330 777 58.4% 54.5% 63%

先週の勢力図(マスター帯)

シャドレコ(戦績記録・分析サービス)参照。

スクリーンショット 2017-02-14 19.12.13

勢力図の推移

スクリーンショット 2017-02-21 12.10.39

ヴァンパイア・

マスターランクのヴァンパイア使用率では、わずか2週間で最下位の「6.0%」まで激減。その手軽さから、アグロヴァンパイアは一定の支持を集めているものの、特にコントロールヴァンプが数を減らしている。

ロイヤル・
代わりに前週比で勢力を伸ばしているのが、『GameAICUP』での活躍も目立ったロイヤルという結果となった。

『コントロールロイヤル(構築:823)』GameAICUP決勝大会4タテ!重量級ロイヤルの真骨頂

先々週の勢力図(マスター帯)

スクリーンショット 2017-02-14 19.09.47

 

海外シャドウバース事情

なんとGameAIの「Tierランキング」を、海外ファンが英語版に翻訳してくれました!

BAGOUM

BAGOUM

BAGOUM・Tierランキング英語版

スクリーンショット 2017-01-19 23.09.06

スクリーンショット 2017-01-19 23.01.02

スクリーンショット 2017-01-19 23.00.39

そのほか、Shadowverse Metagameとして、GameAIで掲載中のTierランキングを英語版のリストにして紹介してくれている「Lenn Hegg」氏や、海外の有名女性プレイヤー「Eloise」氏などからもご紹介いただいているようです。ありがとうございます!


海外でもシャドウバースが流行ってくれたら最高ですね!

Tierランキングの参考データ

当サイトでもお世話になっている、デッキの戦績を記録するのに便利なツール。
週間数十万試合にも上る膨大なデータを元に、毎週メタレポートを公開しています。

シャドレコ(戦績記録・分析サービス)

シャドログ(戦績記録・分析サービス その2)



参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-Tierランキング
-, , , , , , ,