▲新カード104枚の評価ランキングはコチラ

フェイスドラゴン

【シャドウバース攻略】(動画あり)とうちゃ式『フェイスドラゴン』マスターランク15連勝!デッキレシピと攻略ガイド【shadowverse】

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:とうちゃ式『フェイスドラゴン』

あの【冥府エルフ】のメタデッキなどとして話題になった【フェイスドラゴン】で、マスターランク15連勝した「とうちゃ(@yspad )」氏。

守護をあまり持たない【疾走ビショップ】に対して比較的優位を取りやすいので、最新環境にも適応しているといえる。「このフォロワーは攻撃されない」特殊能力をもっている《トリニティドラゴン》の存在も、相手からしたら厄介な存在だ。


目次

とうちゃ式『フェイスドラゴン』のデッキレシピ

%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%83%e5%bc%8f%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ゴブリン 3 ブロンズ
1 アイボリードラゴン 3 ブロンズ
2 大嵐のドラゴン 3 ブロンズ
2 サンドストームドラゴン 3 ブロンズ
2 ファイアーリザード 2 ブロンズ
2 ムシュフシュ 3 ブロンズ
3 トリニティドラゴン 3 ブロンズ
3 鉄鱗の竜人 2 ブロンズ
4 ドラゴンウォーリア 2 シルバー
4 ジークフリート 3 シルバー
6 ダークドラグーン・フォルテ 3 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 ブレイジングブレス 3 ブロンズ
2 竜の伝令 3 シルバー
4 デモンストライク 2 ブロンズ
5 死の舞踏 2 ブロンズ





%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%83%e5%bc%8f%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%8a
デッキコードを発行する

『フェイスドラゴン』のキーカード

【フェイスドラゴン】は、ドラゴンの強みであるPP加速を完全に捨てて、序盤から相手のリーダーの体力を積極的に削っていくフェイス思考のデッキである。
スタンダードカードパック環境では、【冥府エルフ】などのメタデッキとして活躍してきたフェイスドラゴンも、ダークネスエボルヴの追加カードによって一気に強化された。

まずは、2コストフォロワーで驚異的な攻撃性能を誇る《ムシュフシュ》だ。

ムシュフシュ

効果:他のフォロワーが進化するたび、+2/+0する。

2コスト2/2の標準ステータスを持っていながら、効果で進化が行われるたびに攻撃力を上げるので、対戦相手としては絶対に放置したくないフォロワーとなる。進化権を使用してトレードされる際は、最低でも攻撃力が4になるので、相手フォロワーにも大きな傷を負わせることになるのも強力である。基本的に相手のトレードを強要できるので、まさに【フェイスドラゴン】にぴったりのカードと言えるだろう。

そのほか、追加されたカードで強力な効果を持ったのは、《ジークフリート》《死の舞踏》が挙げられる。

ジークフリート

効果:ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する。

死の舞踏

効果:相手のフォロワー1体を破壊する。
相手のリーダーに2ダメージ。

これら2枚のカードは《ゴブリンマウントデーモン》《エンシェントエルフ》をはじめとした、大型の守護を倒すのに活躍する。《ジークフリート》は、《ワイルドハント》の効果を内蔵した4コストフォロワーで、守護を倒す以外にも、進化権などを使って有利トレードしてきた相手フォロワーを倒したりできるのがとても強力である。盤面の取り合いをしている際に返すのにも当然役立つぞ。

《死の舞踏》は確定除去で且つ、相手リーダーにダメージも与えるのでアグロ系や、フェイス系のデッキにはぴったりのカードだ。大型のフォロワーを出されて逆にピンチになったときも、それを倒しつつダメージを与えて攻めることができる使い方も覚えておこう。5コストなので《竜の伝令》でサーチしておけば4コストで使用することができるメリットもあるが、フィニッシャーである《ダークドラグーン・フォルテ》が確定サーチで無くなってしまうデメリットもあるので注意が必要だ。

とうちゃ式『フェイスドラゴン』の総括

とうちゃ式【フェイスドラゴン】は、今まで【フェイスドラゴン】に採用率の高かった《ドラゴニュートスカラー》を不採用にして、1/4という体力の極端に高いフォロワーの《サンドストームドラゴン》を採用している点が目を引く。これは、環境に多いエルフに強いのと、体力が4なので2コストの除去カードで処理するのが難しいといったメリットがあるだろう。

1コストフォロワーが6枚採用されているのもポイントで、総合的に見るとデッキパワーが低いのをカバーするため、しっかり1ターン目から動いていくのが大切だということだろう。前半のフォロワーで出来るだけ削っていき、《ダークドラグーン・フォルテ》の圏内に持っていけるか、といったところがポイントになってくる。

【フェイスドラゴン】は、旧環境同様に【冥府エルフ】への強さを踏襲しているだけでなく、現在流行している【疾走ビショップ】に対しても有利が取りやすいことがメリットである。ドラゴンの2コストフォロワーには優秀なものが多いので、選択肢が多い点もデッキ構築の面白いポイントだ。

環境メタデッキとして定期的に流行する【フェイスドラゴン】。今後の動きにも注目していきたい。



とうちゃ式『フェイスドラゴン』の本人コメント

とうちゃさん、デッキレシピの提供ありがとうございました!

参考プレイ動画(GameAI動画班)

GameAI動画班「[email protected]」による、【フェイスドラゴン】のゲーム実況動画はこちら。

若干アレンジした構築となっていますが、骨格とプレイングはほぼ同じ。
全国ランカーの「実況・解説」では、なぜそのカードをプレイするのかといった思考内容も説明しており、上達したい方にはオススメです!

とうちゃ式『フェイスドラゴン』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-フェイスドラゴン
-, , , , , , ,